【講習会】銅の不思議 ~美しさを支える化学~(12/14・水)

銅の不思議 ~美しさを支える化学~

おなじ銅なのにどうしてこんなに色が違うの?

銅は陶器やガラスを始め、絵画などでも古来から利用されている発色剤です。

青・緑・赤の多彩な発色をする銅の発色剤を用いた美術品を、無機化学的な視点からご紹介します。

化学初心者の方も大歓迎! 化学が好きな方、美術品が好きな方、色が好きな方など、興味があればご参加ください!

銅の不思議ポスター 日時 12月14日(水)12:30~12:50
場所 総合図書館ラーニング・コモンズ
講師 鈴木(総合図書館TA・理学研究科M1)
予約 不要
問合せ 総合図書館TAカウンター  

その他の講習会・ワークショップの案内は、「講習会・ワークショップ」のページをご覧ください。

【講習会】使い捨ての"熱"に再び"命"を与えよう ~資源再利用技術:熱電変換材料~ (12/7・水)

【講習会】使い捨ての"熱"に再び"命"を与えよう ~資源再利用技術:熱電変換材料~

資源は私たちが生活していくうえで欠かせないものです。

資源がないと、毎日の生活も私たちが住んでいるこの街も成り立たないのです。

しかし、資源はいくらでもあるものではなく、特に化石燃料は、

今のペースで使い続けるとそう遠くない未来になくなってしまう可能性があります。

したがって、私たちは今、資源を利用するたびに、

資源が最大限まで利用されるような工夫をしなければなりません。

この講習会では、特に「熱」に注目して、捨ててしまう熱を再び電気に変換できる技術、

熱電変換技術について紹介いたします。

皆様お誘いあわせの上、ぜひお気軽にご参加下さい。

ポスター 日時 12月7日(水)16:30~17:00
場所 理工学図書館(吹田) 東館1階ラーニング・コモンズ
担当 孫(理工学図書館TA)
予約 予約不要です。お気軽ご参加ください。
お問合せ

その他の講習会・ワークショップの案内は、「講習会・ワークショップ」のページをご覧ください。

【講習会】人工衛星の軌道と姿勢制御 (12/9・金)

【講習会】人工衛星の軌道と姿勢制御

人工衛星はどのような装置とエネルギーを利用して動くのか?

人工衛星の外観を考えると太陽パネルを思い出し、

人工衛星はパネルで作られた電気エネルギーによって動いている、と考えるかもしれません。

しかし、人工衛星は電気エネルギーだけでは制御できません。

今回の講習会では、人工衛星の軌道と姿勢制御に関して、

その簡単な概念から実際にどのような装置とエネルギーを利用して行うのかまでを紹介します。

また、講習会では、CMGという制御装置の動作原理を体験していただきます。

簡単な内容から紹介しますので、人工衛星について知識がなくても大丈夫です。

ご興味のある方、どうぞお気軽にご参加下さい。

ポスター 日時 12月9日(金)16:30~17:00
場所 理工学図書館(吹田) 東館1階ラーニング・コモンズ
担当 KWAK(理工学図書館TA)
予約 予約不要です。お気軽ご参加ください。
お問合せ

その他の講習会・ワークショップの案内は、「講習会・ワークショップ」のページをご覧ください。

【展示】第55回 14冊の本棚 「文豪アニバーサリー2016 14冊+α」

「文豪アニバーサリー2016 14冊+α」(外国学図書館展示)

2016年に生誕○周年もしくは没後○年を迎えた文豪に関する資料をご紹介いたします。

セルバンテス、シェイクスピア、ブロンテ、夏目漱石、魯迅など。

世界に名立たる作家ばかりです。

この機会に彼らの魅力を再発見してみてはいかがでしょうか。

11月21日(月)~12月16日(金)2階閲覧室入口にて開催中

特集ページはこちら

14冊の本棚55

【データベース】CiNiiサービスの一時停止(12/2~12/5)

CiNiiは電気設備の法定点検による停電に伴い、下記のとおりサービスを停止する予定です。
同様の理由により関連する各サービスも停止しますので併せてお知らせします。

(1)停止期間:2016年12月3日(土)9:00 ~ 12月4日(日)20:30

  • CiNii Articles
  • CiNii Books
  • CiNii Dissertations

(2)停止期間:2016年12月2日(金)17:00 ~ 12月5日(月)9:00

  • KAKEN – 科学研究費助成事業データベース
  • NII-DBR – 学術研究データベース・リポジトリ
  • NII-REO – NII電子リソースリポジトリ
  • NII-ELS – 学術コンテンツ登録システム
  • JAIRO – 学術機関リポジトリポータル ほか

他のサービスについての詳細は以下のページをご覧ください。

 → 電気設備の法定点検に伴うサービス停止のお知らせ  http://support.nii.ac.jp/ja/info/2016_service

CiNii以外の、日本語の文献探索ツールをリストアップしております。どうぞご利用ください。

 →  CiNiiサービス停止時に使える文献探索ツールリスト[Excelファイル:21KB]

【イベント】ワークショップ「Natureや一流国際誌へ挑もう:Springer Nature Publishing Academy」(12/9・金)

「Natureや一流国際誌へ挑もう:Springer Nature Publishing Academy」

定員に達しましたので、参加受付を終了しました。多数のお申し込みをありがとうございました。(2016年11月24日追記)
We have reached capacity for this event, so applications are no longer being accepted. Thank you all very much for the large number of applications.

 本ワークショップでは、論文を投稿し始めた研究者が、一定水準以上の国際学術誌へ論文を投稿して受理されることを実現し、 本学研究成果の国際発信を強化することを目的としています。
The purpose of this workshop is to help researchers learn how to get published in high profile journals like Nature, and to promote the dissemination of research outcomes originated from Osaka University.
日時(Date & Time) 2016年12月9日(金) 13:30~17:15(13:00開場)
13:30 – 17:15, Friday December 9, 2016 (open 13:00)
会場(Venue) 大阪大学コンベンションセンター 1F 会議室1(吹田キャンパス)
Meeting Room 1, 1F, Convention Center (Suita Campus)
対象(Expected participants) Nature等インパクト・ファクターの高い海外誌に投稿する予定のある大阪大学の教員・研究員、大学院生
※医学と生命科学分野の例を中心とした内容ですが、他の分野の方にも参考になります。
Academic staff, research fellows, and postgraduate students of Osaka University (especially those who wish to get published in high profile journals like Nature)
Please note that examples from the fields of Medicines and Life Sciences will be used at the workshop. However, researchers from other areas may also find it useful.
講師(Speaker) Jeffrey Robens(Editorial Development Manager, Springer Nature)
定員(Capacity) 100名(定員になり次第締め切らせていただきます。)
100 (please note that if maximum capacity is reached, the registration will be closed prior to the deadline.)
受講にあたって(Notice)
  • プログラムは英語(通訳なし)での開催となります。
    The workshop will be held in English.
  • 事前登録が必要です。
    Pre-registration is required.
  • 第1~3部はインパクト・ファクターの高い国際学術誌へ投稿するための英語論文の書き方や投稿戦略全般について、第4部はNatureへの投稿実例等について講演します。
    Please note that Parts 1-3 are about general academic writing skills and publication strategies, which researchers who wish to get published in high-profile journals will find useful. Nature-specific contents will be delivered in Part 4.
主催(Organized by) 大阪大学附属図書館/Osaka University Library
経営企画オフィスURAプロジェクト/Research Management and Administration Section, Office of Management and Planning
プログラム(Agenda)
13:00-13:30 受付(Reception)
13:30-14:15 Effective academic writing
内容(Contents)
  • Improving readability
  • Avoiding ambiguity
  • Writing simply and concisely
  • Avoiding common mistakes
  • Native English scientific writing style
Activity: Attendees will need to improve the readability of poorly written sentences.
14:15-14:30 休憩(Break)
14:30-15:30 Manuscript structure
内容(Contents)
  • Introducing the importance of your study
  • Transparently reporting the methodology
  • Factually presenting your results
  • Discussing relevance and implications
  • Writing strong conclusions
  • Effective titles and abstracts
Activity: Attendees will need to identify which aims are most appropriate for an identified research problem.
15:30-15:45 休憩(Break)
15:45-16:20 Effective publication strategies
内容(Contents)
  • What’s important in choosing a journal
  • Understanding the relevance of the study
  • Identifying the most appropriate journal
  • Improving the suitability of your manuscript for your target journal
Activity: Attendees will need to identify the most suitable journal for a specific study.
16:20-16:35 休憩(Break)
16:35-17:15 Successful manuscript submission for high impact journals
内容(Contents)
  • What editors at high impact journals are looking for
  • Editorial process at Nature‐branded journals
  • Case study: successful submission to Nature Cell Biology
    • Cover letter to emphasize the significance of the study
    • Understanding decision letters and revising your manuscript
    • Responding to the referees’ comments in the response letter
Activity: Attendees will need to determine which response is best for a reviewer comment.
申込方法 定員に達しましたので、参加受付を終了しました。多数のお申し込みをありがとうございました。
We have reached capacity for this event, so applications are no longer being accepted. Thank you all very much for the large number of applications.
お問い合わせ(Contact) 大阪大学附属図書館 図書館企画課 企画係
 06-6850-5073  kikaku01@library.osaka-u.ac.jp
ワークショップ日本語ポスター
ワークショップ英語ポスター

【講習会】次世代半導体は社会をもっと豊かにする! (11/29・火)

【講習会】次世代半導体は社会をもっと豊かにする!

半導体は私たちの暮らしを支えていますが、普段直接目に触れることがないので、

半導体はどういうものなのかイメージしづらいと思います。

今回は、最先端の半導体について、初めての方にもわかりやすいように、

社会のどんなところに用いられていてどんな役割があるのか、というところに注目した講習会を開催します。

皆様お誘いあわせの上、ぜひお気軽にご参加下さい。

ポスター 日時 11月29日(火)16:30~17:00
場所 理工学図書館(吹田) 東館1階ラーニング・コモンズ
担当 道上(理工学図書館TA)
予約 予約不要です。お気軽ご参加ください。
お問合せ

その他の講習会・ワークショップの案内は、「講習会・ワークショップ」のページをご覧ください。

【講習会】日本発!驚異の泡ナノバブル (11/30・水)

【講習会】日本発!驚異の泡ナノバブル

日常生活で毎日見かける「泡」。

実はこの「泡」、マイクロメートル・ナノメートルというサイズまでものすご~く小さくするだけで、

ただの泡が魔法のような能力を持つのです!

講習会では、ナノバブルの研究をしている機械工学専攻のTAが分かりやすく解説します。

また、実際に「ナノバブル水」を飲み比べ、その違いを体感していただきます。

皆様お誘いあわせの上、ぜひお気軽にご参加下さい。

ポスター 日時 11月30日(水)16:30~17:10
場所 理工学図書館(吹田) 東館1階ラーニング・コモンズ
担当 福田(理工学図書館TA)
予約 予約不要です。お気軽ご参加ください。
お問合せ

その他の講習会・ワークショップの案内は、「講習会・ワークショップ」のページをご覧ください。

【講習会】美しい工学に隠れた数字 (12/5・月)

【講習会】美しい工学に隠れた数字

エンジニアにとって、自分がつくるものは美しくあって欲しいものです。

そこで、『美しい』ものに隠された共通点を探ることで、『美しい』ものづくりについて考えるレクチャーを企画しました。

今回は特に、ものづくりに度々登場する数字や比率からアプローチしてみたいと思っています。

皆様お誘いあわせの上、ぜひお気軽にご参加下さい。

ポスター 日時 12月5日(月)16:30~17:00
場所 理工学図書館(吹田) 東館1階ラーニング・コモンズ
担当 佐藤(理工学図書館TA)
予約 予約不要です。お気軽ご参加ください。
お問合せ

その他の講習会・ワークショップの案内は、「講習会・ワークショップ」のページをご覧ください。