外国学図書館 AVライブラリーFAQ

利用できます。お名前が確認できるもの(クレジットカードなどを除く)を提出してください。
原則としてありません。ただし、できるだけ多くの人が利用できるように混雑時には連続しての利用をお断りする場合があります。また、複数の資料を同時に視聴することはできないので、視聴し終わったあと次の資料を利用してください。
AVコモンズをご利用ください。最大20人まで同時に視聴できます。
○利用時間について
利用時間の予約は学内者に限り、条件付きで行っております。図書館1階メインカウンターでお申し込みください。
○資料の予約について
利用したい資料を他の人が利用している場合には、AV資料請求書を記入し、次に利用したいと申し出てください。ただし、前の方の利用終了時に不在であれば次の利用希望者に利用していただくことがあります。
外国学図書館で所蔵しているAV資料・音声資料はすべてAVライブラリー内での利用となります。貸出は一切行っておりません。
AV資料および音声資料の複写は一切できません。付録テキストの複写については、「付録テキストの一部を複写したいのですが・・・」をご覧ください。
資料の持込視聴はできません。ただし、授業用指定教材、および研究室資料に関しては、持ち込んで視聴することができます。上記のうち、CDやDVDは図書館1階るくすや貸出用ノートパソコンでの視聴も可能です。図書館1階メインカウンターにお問い合わせください。
DVDでは字幕を変更したり、消したりできるものもあります。ただし、すべての資料でできるわけではありません。資料のパッケージで確認してください。なお、LDやVHSでは字幕の変更や消去はできません。
室内での飲食は禁止です。周囲の人の迷惑にもなりますし、機器の保守とライブラリー内の美化のためにもご協力よろしくお願いします。
10分程度であれば、席をはずしても構いませんが、貴重品は必ず身につけてください。紛失・盗難等の責任は一切負いかねます。ただし、30分以上席をはずす場合には、一度退室手続きを行ってください。混雑時、席に長時間おられない場合には、次にお待ちの方に利用していただくことがあります。
外国学図書館に所蔵がなく、購入を希望する資料は、リクエストしてください。「リクエストカード」に希望理由などを記入し、リクエストBOXに入れてください。ただし、リクエストいただいた資料がすべて購入できるわけではありません。(映像資料は著作権処理済みの製品がない場合は、購入できません。)予め、ご了承ください。
テキスト(書籍)に限っては著作権法の範囲内での複写が認められていますので図書館1階のコピー機で複写してください。その際、備え付けの「来館文献複写申込書」に必要事項を記入の上、1階メインカウンターにご提出ください。テキストは複写終了後、すみやかに1階メインカウンターに返却してください。
映像資料についてはテキストがついているものはほとんどありません。なお、音声資料についてはテキストのあるものもあります。テキストの有無は音声資料目録で確認してください。
OPACから日本語タイトルおよび原タイトルで検索することができます。また、それに加え主要言語(中国語(簡体字・繁体字・ピンイン)・韓国語(ハングル)・ロシア語(キリル文字)・ドイツ語・フランス語・スペイン語)のタイトルでも検索できるものもあります。
資料を保護するためにもテープは巻き戻して返却してください。
資料のコピーという意味での録音はできませんが、授業の課題等で自分の声をカセットテープやMDに録音することはできます。録音に必要なテープやMDはご自身でお持ちください。

外観

閲覧室

るくす

AVライブラリー