トップページ 阿漕(あこぎ)

阿漕(あこぎ)

「阿漕」は、伊勢に参詣した僧(シテ)の前に。阿漕が浦の漁師の亡霊(シテ)が現われ、生前の行いによって地獄に落ち、悪魚毒蛇となった魚に苦しめられていることを訴える、という内容の能。「善知鳥」と同趣の罪業観を主題としている。作者不明。15世紀後半ころの制作か。

演者 会名 上演年月日 場所 デッサン(枚数)
梅若万三郎 秋の朝日会館能 昭和19・9・23 大阪朝日会館 サムネイル一覧(21)
(不明) (不明) (不明) (不明) サムネイル一覧(24)

Copyright © Osaka University Library. All rights reserved.