トップページ 鉄輪(かなわ)

鉄輪(かなわ)

「鉄輪」は、夫に裏切られた妻(シテ)が生きながら鬼となって夫に復讐しようとするが、安倍晴明(ワキ)の祈祷によって退散させられるまでを描いた能。作者不明。15世紀後半には制作されていた作品。本デッサンは鉄輪(3本のろうそくが立てられている)を頭につけたシテと安倍晴明がしつらえた祈祷台を描く。

演者 会名 上演年月日 場所 デッサン(枚数)
金剛巌 金剛定期能 昭和30・10・16 金剛能楽堂 サムネイル一覧(22)
金剛巌 (不明) 昭和3・6・17 (金剛能楽堂) サムネイル一覧(14)
(不明) (不明) (不明) (不明) サムネイル一覧(8)

Copyright © Osaka University Library. All rights reserved.