トップページ 頼政(よりまさ)

頼政(よりまさ)

「頼政」は、平治の乱後、以仁王を奉じて挙兵し平氏に敗れた源頼政(源三位)の霊が、最後を迎えた宇治に現れ、戦いの一部始終を語りつつ敗北への無念を述懐するという能。「頼政」という専用面と、頼政頭巾という独特の頭巾をつける。世阿弥作。