新型コロナウイルスに関わる研究データ・文献情報および研究支援情報

日々新型コロナウイルスに関する研究成果が公表される中、新型コロナウイルスに関する研究を行う方向けの研究データ・文献検索ツールの公開や、研究課題に応じた研究支援、論文投稿支援が行われております。図書館で把握している内容を以下にまとめておりますので、研究活動にお役立てください。(各データベースの収録件数概数は5月21〜27日に確認した概数となっております。)

最終更新:2020年6月2日

研究データ・文献検索ツール

ジャーナルに掲載された論文の検索

WHO:Database of publications on coronavirus disease (COVID-19)

ページ内Search WHO COVID-19 Databaseより検索できます。日次更新(論文数:20,000件程度)



LitCovid

PubMedの作成機関であるNLM(米国医学図書館)傘下の国立生物工学情報センター(NCBI)にてキュレートした新型コロナウイルスに関する文献のデータベースです。日次更新、下記の研究トピック毎の分類や
General Information, Mechanism, Transmission, Diagnosis, Treatment, Prevention, Case Report,Epidemic Forecasting
地理的条件に基づいた分類がされておりキーワード以外に分類としても絞り込みが可能(論文数:16,000件程度) キューレートの方法についてはFAQに説明があります
関連記事:米・国立生物工学情報センター(NCBI)、新型コロナウイルスに関する最新学術文献をキュレーションした情報ハブとして“LitCovid”を公開 | カレントアウェアネス・ポータル



1000Prime: The COVID-19 articles you need to read

F1000Primeが提供する新型コロナウイルス感染症に関する重要論文の推薦情報について、無料でアクセス可能となっています。現在機関のサイトライセンスはなく他の機能の利用はできません。(F1000primeはFaculty of 1000が提供する、生物学・医学分野の研究者から優れた論文の推薦を求め、その情報を取りまとめたサービスです。)



新型コロナウイルス感染症(COVID-19) 関連文献特設ページ(医学中央雑誌刊行会)

「医中誌Web」ならびに「東邦大学・医中誌 診療ガイドライン情報データベース」に収録、または今後収録される関連情報、ならびに日本医書出版協会から提供される、会員社各社により無料公開されている関連情報が掲載されております



CNKI: Open Access(OA) Online-First Publishing of Research Papers on COVID-19

CNKIが中国の学術誌を中心に、関連文献をまとめて公開しています。(3,000件程度)



プレプリントも含む論文の検索(研究データセット、臨床試験、助成金情報などを含むものもあります)

OpenAIRE COVID-19 Gateway

“OpenAIRE Research Graph”に含まれる10,000以上の情報源及び追加情報源からマイニングしたコンテンツにタグ付けを行い、出版物、研究データ、ソフトウェア等の研究情報を集約しています(論文43,000件,Dataset3,100件程度); Sources and methodology



Dimensions COVID-19 Publications, Data Sets, Clinical Trials

medRxiv,bioRxiv,ChemRxiv,arXiv,SSRNなどで公開されているプレプリントが含まれます。現在機関のサイトライセンスはなく一部利用いただけない機能があります。(論文36,000件、データセット400件程度)



CORD19 (Semantic Scholar)

SARS やMERSなども含んだより広めの文献集合を作成しています。メタデータのダウンロード、パーソナライズされたフィードの作成、コーパス分析ツールなどが利用できます。PubMed Central,Medline, bioRxiv,medRxiv,arXiveなどが含まれます。週次更新(128,000件程度)
関連記事:米・アレン人工知能研究所(AI2)・米国国立医学図書館(NLM)等の研究組織が共同して新型コロナウイルスに関する機械可読の研究データセット“CORD-19”を公開する | カレントアウェアネス・ポータル



ProQuest: Coronavirus Research Database(大阪大学用リンク)

新型コロナウィルスに関するオープンアクセスの文献をProQuestにてキュレーションして製作したデータベース。arXiv.org,bioRxivなどが含まれます。(23,000件程度)



研究データ、臨床試験、Webリソースの情報ポータル

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)および新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する研究データ・リソース |バイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)

新型コロナウイルスに関連して現在公開されている研究データやwebリソースが下記の項目で紹介されております。

  • 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の研究データ一覧
  • 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)や新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関連するデータポータル
  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するWebリソース一覧
  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療薬 候補に関する情報
  • コロナウイルス関連の研究情報を広く調べる


COVID-19 Clinical Trials An overview of information sources(TranspariMED)[PDF]

臨床試験情報を収集しているwebリソースの概要とリンクがまとめられています



新型コロナウイルス関連情報 | 調べ方案内 | 国立国会図書館

国際機関・各国政府・省庁の特設ページ、学会・出版社・新聞社の特集ページのリンク集がまとめられています



カレントアウェアネス・ポータル

図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイト [コロナ covid-19 感染症]などで検索をすると新型コロナウイルス感染症と学術情報流通に関するニュースを確認できます



研究・論文投稿支援

研究用ツールや論文投稿支援について、内容を限定、あるいは一時的にフリーで公開されているものも多くありますが、研究者、機関から申請が必要なものもございます。 ここでは研究者から申請が必要なもの、もしくは機関としての窓口があるものを紹介いたします。


ツール・データセット・分析サービスの提供

CAS(Chemical Abstracts Service)

オープンデータとされている抗ウイルス候補化合物データセットタンパク質ターゲットシソーラスに加え研究課題に応じた研究支援を行なっています。
CAS特設ページ
大阪大学所属者向け案内



Elsevier

  • PubMedに並ぶ世界最大級の生物医学データベースEmbaseへのアクセス、論文メタデータの利用、テキストマイニング用データセットの利用などが利用可能です
  • webフォームからの登録が必要です


論文投稿支援

KargerLEARN@home(Karger)

アクセス方法

  • 内容:以下の2コースがクーポンコードを使用することで無償で提供されます。
  • 対象コース1︓受理される論文の書き方
  • 対象コース2︓学術誌に投稿するー論文執筆者が知っておくべきこと
  • 登録期限:2020年6月30日まで(延長されました)
    登録済みのレッスンは、6月以降もアクセス可能ですが、提供元サービス向上のため、今後にご提供中の無料プログラムの変更や終了を行う場合があるとのことです。


カクタス・コミュニケーションズ(エディテージ)

詳細

  • 内容:新型コロナウイルスの研究に関わる論文の英文校正等サービスを無償提供
  • 期間:2020年6月30日まで(延長されました)


参考

各機関・提供先で新型コロナウイルス関連の特設ページを作成、関連文献の無償公開を行なっております。こちらのページでは個別のページの紹介はできておりませんが、下記のページ等も参考になさってください。当ページの作成においても参考にさせていただきました。