箕面新キャンパスへの外国学図書館移転について(2021年度)

お知らせ

2019年8月19日:大阪大学箕面新キャンパス(令和3(2021)年度)における図書館について

大阪大学附属図書館外国学図書館は箕面キャンパスの移転に伴い、令和3(2021)年4月に、大学図書館と箕面市立図書館が一体化した新たな図書館へと生まれ変わります。そして管理運営は、箕面市から指定管理者の指定を受けて大阪大学が行います。

新図書館は、箕面市立萱野南図書館の蔵書と外国学図書館の蔵書すべてを移管し、大阪大学における世界最先端の研究および教育を支援し、世界の言語と言語を基底とする地域の文化や社会に関する研究の集積拠点となり、かつ市民と共に地域の活気あるまちづくりを推進します。

令和2(2020)年度末には、移転に伴う準備作業のため、約二か月間、外国学図書館の臨時閉館を予定しています。閉館日程の詳細が決まり次第、附属図書館Webサイトおよび書面等でお知らせいたします。新図書館開館後も、大阪大学箕面新キャンパスにおける知の拠点として、引き続き大学図書館サービスを実施すべく検討してまいりますので、ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

関係施設設置予定場所
関係施設設置予定場所

完成イメージ
完成イメージ(1階~4階:図書館/5~6階:生涯学習センター)