箕面新キャンパスへの外国学図書館移転について(2021年度)

お知らせ

2020年6月30日:2020年度末の移転に伴う外国学図書館臨時閉館について

2020年6月吉日

利用者各位

大阪大学附属図書館副館長
藤元 優子

平素より外国学図書館をご利用いただき、ありがとうございます。

箕面キャンパスの移転に伴い、令和3(2021)年4月に外国学図書館は箕面市立図書館と 一体化した新たな図書館へと生まれ変わります。

これに伴い、令和2(2020)年度末の下記期間において、準備作業のため外国学図書館を 臨時閉館いたします。

令和2(2020)年度の授業等開講状況を踏まえ、できるだけ影響の少ない日程を設定いた しました。移転後も箕面新キャンパスにおける知の拠点として、引き続き大学図書館サービ スを実施してまいりますので、ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

臨時閉館期間:令和3(2021)年2 月13日(土)から3月31日(水)まで

  1. 閉館中、外国学図書館のサービスは全面休止します。
  2. 外国学図書館所蔵資料については、早期に長期貸出を開始し、返却期日を4月の新館開館後とします。
  3. 開架資料については、開館期間中はご利用いただけます。
  4. 書庫内資料については、1月21日以降に利用頻度の低い資料から部分的に梱包作業を開始する予定です。梱包済み資料は利用できなくなりますが、未梱包資料は開館期間中は利用可能です。書庫内梱包作業の詳細については、状況がわかるよう館内掲示等にてご案内します。
  5. その他の詳細は追ってご連絡します。

外国学図書館開館カレンダー

 2020 年度末の移転に伴う外国学図書館臨時閉館について:  PDF


2019年8月19日:大阪大学箕面新キャンパス(令和3(2021)年度)における図書館について

大阪大学附属図書館外国学図書館は箕面キャンパスの移転に伴い、令和3(2021)年4月に、大学図書館と箕面市立図書館が一体化した新たな図書館へと生まれ変わります。そして管理運営は、箕面市から指定管理者の指定を受けて大阪大学が行います。

新図書館は、箕面市立萱野南図書館の蔵書と外国学図書館の蔵書すべてを移管し、大阪大学における世界最先端の研究および教育を支援し、世界の言語と言語を基底とする地域の文化や社会に関する研究の集積拠点となり、 かつ市民と共に地域の活気あるまちづくりを推進します。

令和2(2020)年度末には、移転に伴う準備作業のため、約二か月間、外国学図書館の臨時閉館を予定しています。閉館日程の詳細が決まり次第、附属図書館Webサイトおよび書面等でお知らせいたします。新図書館開館後も、大阪大学箕面新キャンパスにおける知の拠点として、引き続き大学図書館サービスを実施すべく検討してまいりますので、ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

関係施設設置予定場所
関係施設設置予定場所

完成イメージ
完成イメージ(1階~4階:図書館/5~6階:生涯学習センター)

関連情報リンク

北大阪急行線の延伸と関連まちづくり(最新情報はこちらから!)(箕面市)

  • 鉄道延伸とまちづくりに関する最新情報をまとめているページです。

関連するまちづくりに関する工事の進捗状況(工事区画定点)について(箕面市)

  • 新キャンパスおよび周辺施設の工事について、進捗状況が分かる定点写真が掲載されています(1ヶ月ごとの更新)。