13/06/20 【展示】「闘病記」を読む開催中(7月末まで)(生命科学図書館)

「闘病記」とは、「病<やまい>と向き合う過程をつづった手記」であり、病を
持つ本人やその周囲の人々による語りが綴られています。医学的な「疾 患」と
は見方を異にする、生の一部である病が語られており、同じ疾患を経験している
人にとっては、治療法や診断、病と付き合う日々の工夫といった点で、大切な
情報源でもあります。
今回は、生命科学図書館にある約100 冊の「闘病記」から、30 冊ほどを疾患別
にご紹介しています。今まで知らなかった病気を知るだけでなく、既に知ってい
る病気をより正しく理解するためのきっかけにもなるのではないでしょうか。

開催場所:生命科学図書館1階北側閲覧室 <闘病記関連リンク> 国立国会図書館「関西で調べる:闘病記を探す」 国立国会図書館の闘病記所蔵状況や,関西圏内の闘病記文庫機関 を紹介しています。 闘病記ライブラリー 闘病記を疾患別に分類したサイトです。奥付情報や表紙画像があ り,CiNii Books へのリンクもあります。 DIPEx Japan 病の当事者による語りを,テキスト(本)ではなく,動画で記録 しているサイト。NPO により運営されています。英国オックス フォード大学で始まった「DIPEx」をモデルとして2007 年に立 ち上げられました。 【対談】Narrative Based Medicine 医療における「物語と対話」 「週刊医学界新聞」 第2409 号. 河合隼雄氏と斎藤清二氏の対談。 闘病記専門オンライン古書店 パラメディカ    「パラメディカ」店主星野史雄さんの紹介記事が,毎日新聞「生    きる物語」に「闘病記を追って」というタイトルで連載されてい    ます。(6/4-)    毎日新聞「生きる物語」アーカイブ