科研費報告書を探す

基本的な知識

科研費とは、文部科学省と日本学術振興会が審査・交付する科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金/科学研究費補助金)による競争的研究資金を指します。 学術研究を推進するために、あらゆる分野の独創的・先駆的な研究に対して助成がなされています (詳細は科学研究費助成事業|日本学術振興会 )。 その報告書である科研費報告書は、日本における最先端の研究情報が分かる資料です。

研究最終年度2007年まで

研究者は年度末に一年間の研究実績として「研究実績報告書」を、研究期間終了後には「研究成果報告書概要」 および冊子形態の「研究成果報告書」の作成が義務付けられていました(一部の研究種目は除く)。 いわゆる「科研費報告書」とはそのうちの「研究成果報告書」にあたります。

「研究成果報告書」の提出を求められていない研究種目もあります。その場合、「研究成果報告書」つまり科研費報告書が、作成されていない場合も少なくありません。

研究最終年度2008年から

従来のような冊子体の報告書は、ごく一部を除き作成されなくなりました。研究成果報告書は、以下の”KAKEN”で公開されています。従来と比べて、簡易な内容となっています。

科研費による研究課題を調べる

KAKEN:科学研究費助成事業データベース 
研究の当初採択時のデータ(採択課題)、研究成果の概要(研究実績報告、研究成果概要)および研究成果報告書(2008年~)などを収録したデータベースです。 収録データの詳細はKAKEN サービス概要を参照してください。
文部科学省科学研究費補助金採択課題・公募審査要覧
※平成22年度で廃刊

科研費報告書を入手する

2008年以降の科研費報告書を入手する

上記”KAKEN”において、PDF形式で本文が収録されています。

大阪大学に所蔵する科研費報告書を探す

通常の図書と同じようにOPACで検索ができます。研究課題のタイトルや研究代表者名で検索してみましょう。

総合図書館には、大阪大学の研究者の報告書を集めたコーナーもあります。 総合図書館A棟1F 科研報告書コーナーの資料

他機関に所蔵する科研費報告書を探す

図書を探す場合と同様に、下記のような検索ツールや各大学図書館のOPAC(特に研究代表者の所属大学)を検索してみるとよいでしょう。

CiNii Books 
NDL-OPAC (国立国会図書館) 
国立国会図書館では、1975年頃より網羅的に「研究成果報告書」を所蔵。詳細検索画面で「分類」にY151と入力して検索すると科研費報告書を網羅的に検索できます。