借りる・返す

このページでは資料の貸出と返却についてご案内いたします。

資料を借りるには、磁気付き学生証、もしくは図書館利用者票が必要です。

図書館利用者票のお申込みについては下記のページをご覧ください。

利用できる資料の種類

附属図書館で利用できる資料は、次のように区分されます。

  1. 一般図書…借りることができます。ほとんどの資料がこの区分に該当します。
  2. 参考図書…借りることはできません。辞書や事典など、館内で調べ物をするために使う本です。
  3. 貴重図書…見たり、借りたりできるのは、本学の学生と教職員、および学外の研究者等のうち、館長が利用を認めた方に限ります。事前に申請が必要です。詳細は次のページをご覧ください。

総合図書館  生命科学図書館  外国学図書館

貸出期間と冊数

図書館により異なりますが、おおむね2週間借りることができます。貸出可能冊数など、詳細は各館の利用案内をご覧ください。

総合図書館  生命科学図書館  理工学図書館  外国学図書館

貸出期間を延長する

他の利用者の予約がなければ、1回に限り、 Webサービスの「貸出・予約状況照会」から延長できます。

また、図書館のカウンターでも延長できます。

図書館や利用者カードの区分によって、延長できる資料とできない資料があります。詳細は各館の利用案内をご覧ください。

総合図書館  生命科学図書館  理工学図書館  外国学図書館

本を返す(どこでも返却)

図書館が閉まっている時は、ブックポストにお返しください。CD/DVD資料、および研究室や他大学から借りた本はポスト返却しないでください。

【本学の学生・教職員】4つの図書館、4つの図書室(人間科学研究科図書室、微生物病研究所図書室、蛋白質研究所図書室、産業科学研究所図書室)で借りた資料は、どの図書館、図書室でも返すことができます。ただし、雑誌については、借りた図書館、図書室に直接お返しください。

【卒業生・学外一般】4つの図書館で返却可能です。ただし、雑誌については、借りた図書館に直接お返しください。

期限内に返せなかったら

遅れた日数分だけ、新たに資料を借りることができなくなります。

かならず返却期限内にお返しください。

図書館からの返却期限日通知メール・延滞通知メール

図書館から、資料の返却について、次の2種類のメールが自動送信されます。

  1. 返却期限日2日前を知らせる通知メール
  2. 資料の延滞を知らせる通知メール

このうち「1.返却期限日通知メール」は、 Webサービス「貸出・予約状況照会」の「メール送信設定」にて受信を解除することができます。

本を失くしたり、汚損した場合

本を失くしたまたは汚損・破損した場合は、高額なものでも附属図書館利用規程第16条にもとづき、弁償していただくことになります。まずお近くの図書館のカウンターにご相談ください。

同じ版であれば古書でもかまいません。同じ本が入手できない場合には、図書館が指定する同等の本をご購入いただきます。

 FAQ

本人確認のためです。ご本人かどうか確認できないと、後で「貸した」「借りていない」と、トラブルの元となるためです。
予約が入れられない限り、ずっと同じ方に貸出される可能性があるためです。多くの方に広くご利用していただくためですので、ご了承ください。
延滞した本の冊数は関係ありません。返却期限日が異なる本を何冊か延滞した場合は、その中で一番長い延滞期間が適用されます。
カウンターに学生証または図書館利用者票をお持ちください。また、Webサービスからの確認も可能です。下記のリンクから大阪大学個人IDでログインしてご確認ください。
 貸出・予約状況照会
現物を図書館カウンターまでお持ちください。汚損の程度により、高額なものでも弁償していただく場合もあります。

この投稿はEnglishで表示できます。