講習会・ガイダンスの教材

授業教材『情報社会基礎』『情報科学基礎』

全学共通教育科目「情報社会基礎」「情報科学基礎」の課題「図書館活用法」を図書館職員が作成しています。大学での学習に欠かせない資料の特徴と、図書館資料の探し方の基本を学べます。

授業テキスト『情報活用基礎』

全学共通教育科目「情報活用基礎」の1コマを使って、図書館職員が「図書館活用法」の解説をしています。大学での学習に欠かせない資料の特徴と、図書館資料の探し方の基本を学べます。
※「情報活用基礎」は2019年度入学生のカリキュラムより、「情報社会基礎」と「情報科学基礎」に変更されています。

授業テキスト『情報探索入門』

授業「情報探索入門」において、図書館職員が文献探索の基礎についての講義を実施しています。「情報活用基礎」で行っている「図書館活用法」から、一歩進んだ内容になっています。

ラーニング・サポーターによる講習会のテキスト

ラーニング・サポーター(LS)が、各自の研究分野や経験を活かし、さまざまな内容で講習会を実施しています。

研究生活に役立つ図書館の使い方

大阪大学大学院生のための図書館活用案内です。

(参考資料)阪大生のためのアカデミック・ライティング入門

全学教育推進機構で作成されている資料です。アカデミック・ライティングにおける考え方、調べ方、書き方などが説明されており、機関リポジトリ(OUKA)にて公開されています。

この投稿はEnglishで表示できます。